アナザーアパートメントの設計事務所 blog

先日、<公園の家>の上棟を行いました。

上棟とは、建物の骨組みを組み上げ、屋根の一番高い部分にある棟木を取り付けることをいいます。

この住宅では、1・2階とも正面に大きな開口を設けています。
そのため、その部分を補強する木のフレームを設置する必要がありました。

120830-1.JPG
このフレームには高い施工精度が求められたため、工場で製作しトラックで現場に運び込みます。

120830-2.JPG
クレーンでフレームを吊り上げる光景は圧巻です。

120830-3.JPG
フレームの設置と同時進行でその他の部分も組み上げ、一日で上棟が完了しました。

これから、いよいよ内部や外部の本格的な工事がスタートします!


<公園の家>の工事が順調に進んでいます。
先日は基礎の配筋検査を行いました。

120820-1.jpg
鉄筋が計画通りに設置されているか、構造設計を担当いただいた事務所の担当者とチェックしていきます。

120820-2.jpg
この住宅ではプランの関係上、1階玄関部分に特殊な補強を施していますので、その部分の確認も入念に行いました。

このあとは、基礎のコンクリートを打って、いよいよ上棟となります!